フォトギャラリー
戦災で焼失した社宝などのご紹介

お問い合わせ

  • 〒170-0003
    東京都豊島区駒込3-16-16
  • 電話03-3917-1938
  • FAX03-5980-8284

最新情報・お知らせ

安産祈願(戌の日)

安産の御祈願は、懐妊5ヶ月の戌の日を選んで、「寿」の文字や「祈願」の文字を入れたりした紅白の布を妊婦に着せるもので、着帯ともいわれています。

戌の日を選ぶのは、犬は安産であり、出産児の健全であるのにあやかろうとするためといわれています。

この着帯は、妊婦の腹部を保温し、胎児の転位を防ぎ、妊婦の動作を軽快にするなど、医学的にも合理性があります。

新しい生命が胎内に宿ることを両親はもとより、親戚縁者もこれを喜び、胎児の健全な発育を願い安産を祈る気持ちは、今も昔も変わるものではありません。

みなさんで妙義神社をお参りして、懐妊を奉告し安産を祈願しましょう。

腹帯、または布等(コルセット)をお持ちいただければ神社の印を押し、お祓い、ご祈願の後お渡しいたします。

 

戌の日

 

犬(戌)は、多産でありながらお産が極めて軽いということから、昔から安産の守り神として愛されてきました。

ただ地方によっては「酉の日」に同じように帯祝いを行うところもあります。

5ヶ月というのも地方によっては9ヶ月目であったりと違いがあるようです。

でも、習慣や風習に違いがあっても安産を願う気持ちに変わりはありません。

 

皇室においても安産を願う帯祝いは5ヶ月目の最初の大安の日に帯の御祓いをし、戌の日に「内着帯の儀」

がおこなわれます。

そして9ヶ月目の戌の日に「着帯の儀」が執りおこなわれます。

 

安産祈願の仕方

お申込み方法:

ホームページからのお申込み、電話、または体調にあわせ直接、社務所へお越しください。

※車でお越しの際は、境内に停めることが出来ますので、お申込みの際、ご来社の際にお申し付けください。

時間:

午前9:00~午後4:00

祈祷所要時間:

受付から祈祷を終えるまでで30分前後

 

祈祷料:

決まりはありません(お気持ちで頂戴しております)

※妙義神社では、どなたでもご祈願いただけるように、特に、○○円以上といった祈祷料は定めておりません。